プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:TaskChute Cloud・WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

【Redshift】Amazon Redshiftはタイムスタンプにタイムゾーンをサポートするためのデータ型を導入します

Amazon Redshift introduces new data type to support time zones in time stamps の訳。

Amazon Redshift introduces new data type to support time zones in time stamps

You can now use time zones as part of time stamps in Amazon Redshift.

これで、Amazon Redshiftのタイムスタンプの一部としてタイムゾーンを使用することができます。

The new TIMESTAMPTZ data type allows you to input timestamp values that include a time zone.

新しいTIMESTAMPTZデータ型は、タイムスタンプ値にタイムゾーンを含めることができます。

Amazon Redshift automatically converts timestamps to Coordinated Universal Time (UTC) and stores the UTC values.

Amazon Redshiftは、自動的に協定世界時(UTC)にタイムスタンプを変換し、UTC値を格納します。

Also, the COPY command now recognizes timestamp values with time zones in the source data and automatically converts them to UTC.

また、COPYコマンドは現在、ソース・データ内のタイムゾーンとタイムスタンプの値を認識し、自動的にUTCに変換します。

You can retrieve and display timestamps in Amazon Redshift by setting your preferred time zone at the session level, user level or client connection level.

あなたが取得し、セッション・レベル、ユーザーレベルまたはクライアント接続レベルでご希望のタイムゾーンを設定することにより、Amazon Redshiftのタイムスタンプを表示することができます。

In addition, you can easily compare date and time values using new functions such as DATE_CMP_TIMESTAMPTZ and TIMESTAMP_CMP_TIMESTAMPTZ.

また、あなたは簡単にそのようなDATE_CMP_TIMESTAMPTZやTIMESTAMP_CMP_TIMESTAMPTZなどの新機能を使用して、日付と時刻の値を比較することができます。