読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

【.NET】Dapper始めの一歩(インストールからレコード取得まで)

.NET用マイクロORMのDapperを始めてみました。

環境

Visual Studio 2015 Update1

Dapperのインストール

NuGetからインストールします。
1. Visual Studioのメニュー[ツール] - [NuGetパッケージマネージャー] - [ソリューションのNuGetパッケージの管理]を実行します。

2. 左上の[参照]をクリックし、"dapper"で検索します。検索結果からDapperを選択し、インストール対象のプロジェクトをチェックします。そして[インストール]をクリックします。
f:id:JHashimoto:20160312193941p:plain

3. Dapperに緑色のチェックが入ったら、インストール成功です。
f:id:JHashimoto:20160312194428p:plain

ソースコード

Person.cs

取得したデータを入れるクラスを定義します。

using System.Text;

namespace DapperSample {
    class Person {
        public int ID { get; set; }

        public string Name { get; set; }

        public int Age { get; set; }

        public override string ToString() {
            StringBuilder b = new StringBuilder();
            b.AppendFormat("ID:[{0}] ", this.ID);
            b.AppendFormat("Name:[{0}] ", this.Name);
            b.AppendFormat("Age:[{0}] ", this.Age);
            return b.ToString();
        }
    }
}

Program.cs

Dapperは、IDBConnectionなどの拡張メソッドとして実装されているので、usingディレクティブでDapper名前空間をインポートすると使えるようになります。

using Dapper;
using System;
using System.Data.SqlClient;

namespace DapperSample {
    class Program {
        static void Main(string[] args) {
            using (SqlConnection connection = new SqlConnection([接続文字列])) {
                connection.Open();

                var persons = connection.Query<Person>("SELECT ID, Name, Age FROM dbo.Persons ORDER BY ID");

                foreach (Person person in persons) {
                    Console.WriteLine(person);
                }
            }

            Console.ReadKey();
        }
    }
}

動作結果

f:id:JHashimoto:20160313192817p:plain
レコードが取得できました!