読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマー兼SEです。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなAWSのサービス:EMR。

【C#6.0の新機能】Auto-property initializers

.NET C#

Visual Studio 2015 Previewのマシンイメージを使って、Azure仮想マシンを立てたので、C#6.0の新機能を試してみます。

今回は、Auto-property initializersです。

C#5.0まで

C#5.0までは、初期値付きのプロパティを以下のいずれかで記述する必要がありました。

class Human {
private string name = "Sato Taro";

public string Name {
    get { return name; }
    set { name = value; }
}
class Human {
    public string Name { get; set; }

    public Human() {
        this.Name = "Sato Taro";
    }
}

C#6.0

C#6.0では、以下のように1行で記述できます。

class Human {
    public string Name { get; set; } = "Sato Taro";
}