プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

Silverlight RelativeSourceプロパティでバインディングソースを指定する

BindingクラスのRelativeSourceプロパティで、オブジェクト自身をバインディングソースに指定するサンプルです。

ソースコード

MainPage.xaml
<UserControl xmlns:toolkit="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation/toolkit"  x:Class="SilverlightApplication1.MainPage"
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
    xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
    xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008"
    xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006"
    mc:Ignorable="d"
    d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="400">
    <UserControl.Resources>
    </UserControl.Resources>
    <StackPanel>
        <!-- 自分自身のプロパティをバインドする。 -->
        <TextBox Height="30" Text="{Binding Path=Height, RelativeSource={RelativeSource Self}}" />
    </StackPanel>
</UserControl>

レンダリング