読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

CapsLockキーをCtrlキーへ変換する「Ctrl2cap」が便利

ツール

CapsLockキーをCtrlキーへ変換する「Ctrl2cap」を入れてみました。
「Ctrl2cap」はSysinternals製のツールです。
Ctrl2cap
Ctrl2cap はカーネル モードのデバイス ドライバーであり、CapsLock キーで入力する文字を Ctrl キーの文字に変換するためにシステムのキーボード クラス ドライバーのフィルター処理を行います。 ...

CapsLockキーなんて普段使わないので、入れておくと便利です。

インストール方法

利用方法は簡単で、管理者権限でコマンドプロンプトを起動し、オプションに“/install”をつけて起動するだけでよい。あとはOSを再起動させると、キーの変換が有効になる。本ソフトを無効化したい場合は、“/uninstall”という起動オプションが利用できる。

窓の杜 - 【REVIEW】Windows Sysinternals製、[CapsLock]キーを[Ctrl]キーへ変換する「Ctrl2cap」

よいところ

「Ctrl2cap」のよいところをあげてみます。

CapsLockキーの押し間違いがなくなる

CapsLockキーを間違えて押してしまい、気づかないうちにひらがな入力になっていた、というようなことがなくなります。

Ctrl + Shiftのキーバインドが押しやすくなる

前から順に、Ctrl、Shilt、Ctrlとキーが並ぶことになるので、かなりアバウトな入力でもCtrl + Shiftを押せます。