読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

アクセサー付きのプロパティコードスニペットがVisual Studio 2010で復活した

.NET C#

どういうこと?

Visual Studio 2008

Visual Studio 2008で[prop]のコードスニペットを展開すると、こうなります。

理由はC#3.0で自動プロパティが実装されたからです。
これはこれで便利ですが、プロパティアクセサーに追加のロジックを書けないという欠点があります。

Visual Studio 2010

Visual Studio 2010では[propfull]のコードスニペットが追加されました。これを展開すると、こうなります。

Visual Studio 2005の[prop]と同じ、アクセサー付きプロパティ宣言の雛形です。これで追加のロジックを書くことができるようになりました。
もちろん[prop]を展開すると、自動プロパティも簡単に実装できます。