読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマー兼SEです。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなAWSのサービス:EMR。

Webアプリケーションのインストーラーを作成する

.NET ASP.NET

「ASP.NET Webアプリケーション」プロジェクトであれば、Windowsアプリケーションと同じ要領でインストーラーが作成できます。(「Webサイト」の場合は未確認です)

検証は、Visual Studio 2008 SP1、.NET Framework 3.5で行いました。(2011/08/25追記)

サンプルソリューション


このようなソリューションを作成しました。

  • ClassLibrary1.Class1.cs
namespace ClassLibrary1 {
    public class Class1 {
        public string GetString() {
            return "Hello World";
        }
    }
}
  • WebApplication1.Default.aspx
<%@ Page Language="C#" AutoEventWireup="true" CodeBehind="Default.aspx.cs" Inherits="WebApplication1._Default" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head runat="server">
    <title></title>
</head>
<body>
    <form id="form1" runat="server">
    <div>
    <asp:Literal ID="literal" runat="server" />
    </div>
    </form>
</body>
</html>
  • WebApplication1.Default.aspx.cs
using System;

namespace WebApplication1 {
    public partial class _Default : System.Web.UI.Page {
        protected void Page_Load(object sender, EventArgs e) {
            ClassLibrary1.Class1 class1 = new ClassLibrary1.Class1();
            literal.Text = class1.GetString();
        }
    }
}

インストール手順

インストールの手順を説明します。

セットアッププロジェクトの追加


セットアッププロジェクトを追加します。以降は「WebSetup1」の名前でプロジェクトを追加したものとして説明を進めます。

セットアップするファイルの設定



[プライマリ出力]はdll(参照しているClassLibrary1.dllも含まれます)、[コンテンツファイル]はaspxを示します。


このようになるはずです。

仮想ディレクトリ名の設定


インストール時の仮想ディレクトリ名のデフォルト値を設定します。以降は「hoge」を設定したものとして説明を進めます。

ビルド

セットアッププロジェクトをビルドします。出力先のフォルダに以下のファイルが作成されていれば成功です。

  • setup.exe
  • WebSetup1.msi
インストール

setup.exeを実行します。セットアップウィザードが起動するので、ウィザードを進めてください。すべてデフォルト値でOKです。仮想ディレクトリ名は「hoge」がデフォルト値になっているはずです。

動作確認

セットアップが完了したら、ブラウザで「http://localhost/hoge/default.aspx」にアクセスします。「Hello World」が表示されれば、インストール成功です。

アプリケーションの削除

[プログラムの追加と削除]から削除できます。ただし、仮想ディレクトリは手動で削除する必要があります。