読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

VSSオプション設定の[ローカルファイルの日付と時刻]のデフォルト値を[変更時刻]に設定する

構成管理 ツール

VSSで気になるのは、メニューの[オプション] - [ローカルファイル] - [ローカルファイルの日付と時刻]のデフォルト値が[現在時刻]だということです。これでは取得する度にファイルのタイムスタンプが変わってしまいます。今回はこの問題を解決する方法を説明します。
なお、確認はVisual SourceSafe 2005で行っています。

個別に設定する

  1. VSSを起動します。
  2. 上記の設定の[現在時刻]を[変更時刻]に変更します。

デフォルト値を変更する

どうせならチーム全体で設定を統一したいですよね。srcsafe.iniを変更しましょう。

; srcsafe.ini
;
; Three of these variables -- Data_Path, Users_Path, and Users_Txt -- must
; be in srcsafe.ini.  Any other variable here can be overridden in ss.ini.
; Similarly, any ss.ini variable can be placed in srcsafe.ini to set a
; system "default," which individual users can still override in ss.ini.

; The two important paths used by SourceSafe.
Data_Path = data
Temp_Path = temp

; This tells admin where to put personal directories for new users.
Users_Path = users

; From this, find users.txt; from that, in turn, find ss.ini for a user.
Users_Txt = users.txt

; The following line contains common file groupings.
File_Types = VB(*.vb;*.resx;*.xsd;*wsdl;*.vbproj;*.sln;*.cls;*.bas;*.vb?;*.fr?),VC(*.c;*.cpp;*.cxx;*.vcproj;*.sln;*.def;*.ds?;*.h;*.hpj;*.hpp;*.hxx;*.ico;*.inl;*.mak;*.rc;*.rc2;*.rgs;*.bmp;*.cur),WEB(*.aspx;*.ascx;*.asmx;*.master;*.asax;*.config;*.asa;*.asp;*.css;*.dbp;*.dtq;*.ht?;*.htm*;*.pkp;*.sql;*.stm;*.sct;*.htx;*.shtml;*.alx),VCSharp(*.cs;*.csproj;*.sln),VJSharp(*.jsl;*.java;*.vjproj;*.vjp;*.sln),XML(*.xml;*.xsl;*.xsd;*.xslt;*.xsx;*.xss),VFP(*.cdx;*.db?;*.dc?;*.fpt;*.fr?;*.idx;*.lb?;*.mn?;*.mpr;*.pj?

PrjEntryTimeout = 15
Multiple_Checkouts = No
Checkout_LocalVer_Disabled = Yes
UseHelperService = Yes

SetTime = Mod

[TimeZone]
Name =
TZ_Bias = -540
TZ_DaylightBias = 0
TZ_DaylightDate = 0000/00/00 00:00:00.000
TZ_StandardBias = 0
TZ_StandardDate = 0000/00/00 00:00:00.000
TZ_UseDaylightSavingTime = Yes

途中の「SetTime = Mod」がポイントです。これでデフォルト値が[変更時刻]になります。

その他の設定

その他にもいろいろあります。
[VSS] SS.INI による Visual SourceSafe エクスプローラの設定変更
Visual SourceSafe エクスプローラの各種設定は、[ツール] メニューの [オプション] をクリックすることで表示される [Visual SourceSafe オプション] ダイアログ ボックスで行います。この設定は SS.INI (SRCSAFE.INI) ファイルに保存されます。この資料はダイアログ ボックスにおける項目と SS.INI (SRCSAFE.INI) ファイル内のセクションとの対応関係をまとめたものです。 ...