読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラマーな日々

プログラマーをやっています。好きなツール:WorkFlowy、好きな言語:C#、好きなサービス:Backlog、好きなAWS:AWS Lambda。

TreeViewに項目を表示する

.NET WPF

アプリ実行

起動

展開


ソースコード

App.xaml
<Application x:Class="WpfApplication1.App"
             xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
             xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
             StartupUri="Page1.xaml">
</Application>
Page1.xaml
<Page x:Class="WpfApplication1.Page1"
      xmlns="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation"
      xmlns:x="http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml"
      xmlns:mc="http://schemas.openxmlformats.org/markup-compatibility/2006" 
      xmlns:d="http://schemas.microsoft.com/expression/blend/2008" 
      mc:Ignorable="d" 
      d:DesignHeight="300" d:DesignWidth="300"
    Title="Page1">
    <TreeView x:Name="treeView">
        <TreeViewItem Header="人間">
            <TreeViewItem Header="田中" />
            <TreeViewItem Header="鈴木" />
        </TreeViewItem>
        <TreeViewItem Header="動物">
            <TreeViewItem Header="犬" />
        </TreeViewItem>
    </TreeView>
</Page>

参考

TreeView クラス (System.Windows.Controls)
項目を展開したり折りたたんだりできるツリー構造で階層データを表示するコントロールを表します。